TYO Official Web Site

PEACE-MAKER

『POPULAR GIRLS』Member Self Liner Notes

『POPULAR GIRLS』

☆ TONY
お待たせしました〜TYOの真骨頂ブリブリロッケンロー!
なんか久々の超アゲアゲな曲だよね。
想像していたものとは全然違う歌詞をヒーセが書き上げて、
レコーディングで歌ってて最高に楽しかったよ。
DIEちゃんのキーボードも最高だし、GINAの一言もセクシー。
ライブで盛り上がること間違いなし。

☆ OKAHIRO
本当は別の曲をリリースに向けてリハやってたの。
アレンジが固まって、時間が余ったんでヒーセが「軽く試したい」って、
この曲をやってみたら今回はこっちの方が向いてるじゃん?!ってなった。
コーラス録りでいつもお世話になってるGI-NAがギターソロ前で “Play Boy!”
って一言だけ入れてる。既に考えてあったギターソロを後で入れてみたら
まるで魔法のようにバッチリ繋がった!

☆ MAD
カッコイイ!レコーディング直前にヒーセが持って来て、
ヒラメキで叩いたら盛り上がって、あっちゅー間に完成した曲。
バンドマジックが満載!
最初はダムドみたいなイメージだったけど、ちゃんとTYOテイストになってPOPな仕上がりに。

☆ HEESEY
レコーディング前にステージでも一度も披露せずに、“まっさらな”状態で仕上げた最新楽曲。
自分的には“ガレージ感”と“オリエンタル感”が程良く融合してるんだよな。
イイ具合の’60年代テイストと今時のテイストの融合でもあるね。
世の中的にはどうかわからんが、サウンドも歌詞もTYO的には確実に新しいと思う。
発売直後のステージからすでに一撃必殺ナンバーになること確定!
TYOの新たな<盛り盛りでアゲアゲなドライヴィングロックンロール>


 『WINE ‘N’ DINE』

☆TONY
ライブに来てる人たちには、もうすでにお馴染みの曲。
レコーディングすると、こんなにゴージャスになっちゃうんだよね。
歌い方も今までと違う感じを意識してみたりしてるんで、
よーくヘッドフォンで聞いてみて! エロさ倍増だから(笑)
ワインでディナーもいいけど、一番欲しいのは・・・!?

☆OKAHIRO
レコーディングでは複数のギターを重ねていったり、Dr.kyOnさんのツボなキーボードが入ったり、
GI-NAのコーラスが大活躍で、よりグラマラスで重厚な雰囲気が出た◎この曲が出来たばかりのリハで、
俺が考えてきたソロの出だし4小節のメロディーとヒーセが「こういうのを弾いてほしい」って
口ずさんだのが全く同じだったんでビックリしたよ。
ルーツがシンクロしてると こんな事もあるんだなって思った♪

☆MAD
ツアーでも散々やったから録りは速かった。
ライブでやってても思うが、「素敵な曲」です。色んな事思い出すんだな(^○^)。
TYOはこんなスイング感も出せるようになったんだなと、シミジミ思う秋の夜長。
今回のレコーディングからスネアの材質を変えてて、そいつがダシダシいって最高!

☆HEESEY
新たなアレンジも加えられ、ゲストミュージシャンの方々の参加もあり、
デリシャスでゴージャスでロマンティックでグラマラスな楽曲になった。
正直、最初に曲が閃いた時とは方向性が変わったんだけど、
メンバーやゲストやエンジニアさん達のお陰で曲の幅が物凄く広がった気がする。
夏のツアーで披露してて好評だった後に、イギリスの田舎町に行った時に「Dine with Wine」って
書いてあるレストランの看板を見つけて、何だか妙に嬉しくって超コーフンしたっけな。


『READY TO LOVE』

☆TONY
これはかなり初期のTYOのライブでやってた曲。
アレンジを加えに加えて、こんなにカッコよくて切ない曲になりました。
一緒に歌える部分が沢山出てくるんで、今後のライブですごく楽しみにしてます。
用意はいいかな・・・? Are you ready to love?

☆OKAHIRO
実は今年頭に録音してあってしばらく温存してた曲・・・。
あの時はアルバムが完パケしたばかりで疲れ切ってたからかなりストイックな
雰囲気の中で録ってた気がする。曲自体はTYOの初期からあって、
俺が加入前にライブを見に行った時、印象に残ってた曲の一つなんで
『超』の時に何で外しちゃったんだろう?って思ったもんだよ。
細かいアレンジを変えて更に良くなったから今のリリースのタイミングで合ってるんだろうな。
この曲もDr.Kyonさんのナイスセンスなキーボードが入ってる。
いつもお世話になってありがとうございます◎

☆MAD
断然良い歌詞で良い曲になった。ともすれば「ある方向に」ハマり込んでしまいそうなトコを、
バンドの音力(おとぢから)でねじ伏せている。美しい!
ライヴでスキャットを大合唱したら、それはそれは感動するだろね。

☆HEESEY
この曲を作ったTYO結成当初、「半分パロディでポップでキャッチーな、
“なんちゃって’80年代的楽曲”を作ってウケ狙って笑ってもらおっかな…」ぐらいにしか思ってなかったの。
でもライヴでは作者の意図とは違った意味で案外ウケが良くって(笑)
でもオレ的にはイマイチ納得いってなくて、今年アタマに録る時に大幅にアレンジも歌詞も変えたの。
そしたら’60年代英国的なフレーバーも漂いつつ、’80年代米国的なスパイスも効きつつで、キュンキュン!
真ん中の展開部なんて何かのCMにも使えそうな勢いじゃん(←言い過ぎ…)。
超初期からのファンにはちょっぴり懐かしく、ライヴでまだ未体験なファンにも
フレッシュでキャッチーなナンバーに仕上がったよ。